So-net無料ブログ作成

1人っ子親の価値観 [その他]

ようやく引っ越し荷物の搬出が終わり、夫の部屋はからっぽ。1部屋が完全に空きました。

(荷物到着まで時間がかかる為、荷物だけ先に出発)

引っ越し作業に追われている最中に来た義理親。

大迷惑でした。

何が迷惑かって、「話があるからこっちへ来い」と始まった毎度恒例の説教タイム。

段ボールが山積みで、まだまだやらなきゃいけない作業があるのに説教に数時間。数十分じゃないですよ、数時間×滞在日数ですよ。

おかげで家電を買う時間が無くなったよ。ほんと大迷惑。しかも平日で忙しいのに。

説教の内容も、1人しか子供を育てたことのない自分の経験からのもので本当に頭にきます。

えーえー、そりゃあ、あなたは大人2人(ほぼ定時仕事)で子供を1人育てたんだろうけど、我が家は夫(時間超不規則)がこれから単身赴任になるっていう状態。

私が大人1人で子供2人の面倒を見るのですよ。

そこ、わかってますか?

あなたのように近くに親がいるわけでもない。

全て自己で完結できるならしますが、人手が足りないこともあるわけですよ。そういう時は誰かの手を借りなければどうしようもない時があるのですが。

「あなたはすぐに人を頼る。これだから〇〇県民は」と、罵られると言うお説教でした。

あまりに主観的過ぎてムカついたんで今回は反論しましたが。

でも、相手は自己愛性パーソナリティ障害(と私は確信している)なので自分が間違っていることを認めません。極端な例を出して話してくるのですが、極端すぎて参考にもなりません。

あーあー、こんな人に食事出したりおごったり、引っ越し作業は中断したり、ホントろくなことがありません。

おかげで徹夜作業でしたよ。

空気は読めない人の気持ちはわからない、せめて引っ越し作業手伝うならまだしも全く何もしない。

迷惑すぎる。

「あの人といると生きるエネルギーが吸い取れらる」とは夫談。だから義母は平均寿命よりも随分早く逝ったんだろーなー。



家計簿日記 ブログランキングへ

節約・貯蓄 ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0